子育ての達人

子育ての達人の公式はてなブログです。妊娠・出産・育児・子育ての毎日を楽しくし、すくすく育つ子どもとニコニコママ・パパを日本に増やします。主に記事の更新情報等をお届けします。

不登校や校則違反などの困った行動をとる子供との関わり方とサポートの仕方

不登校や校則違反など、子供の困った行動には、親はとても悩むものです。しかし、親が困った行動の本質を見極めて子供と向きあえば、子供の心に変化が訪れます。今回は、子供の困った行動への対応について見ていきましょう。
http://kosotatu.jp/困った行動をとる子供との関わり方/

●親が命令ではなく意見をいう事で、子供はそれを情報として受け取る

もし自分の子供が不登校になってしまったら、親はただうろたえるだけになるかもしれません。また、「なんで学校に行かないんだ」と、強い口調で言ってしまうかもしれません。でも、そこは、できるだけ肯定的に考えて、家庭内で良いコミュニケーションが取れるように努める事が大切です。

これは、親の本音を子供に伝えてはいけないという事ではありません。正直に、「学校に行って、お友達と仲良く過ごしてほしい」「勉強を頑張ってほしい」と、意見として伝えて良いと思います。そうしなければ、逆に子供は不安になります。

自分が不登校になってしまった事を、親が良い事だとは思っていない事は、子供が一番分かっています。それなのに、何をしても親がただ笑っているというのは、子供をますます不安にさせ、親は自分の事を諦めてしまったのだと思い、ますます殻に閉じこもってしまいます。

「学校に行ってほしい」という言葉は、命令ではなくて、親の意見です。学校に行くことが命令口調になると、「あなたは学校に行かなくてはならない」というようになります。それでも、子供は、意見と命令を混同するでしょうし、どちらにしても反論してくるでしょう。

「お母さんが喜ぶからと言って、友達と仲良くしたり、学校に行ったりするものでもない」とか、「なぜ、お母さんに言われて勉強しなければならないのか?」などと言ってくるかもしれませんが、これは、子供の意見として逆にきちんと受け止めなければなりません。

このようなやり取りは、意見の交換ですから、子供の意見に対して、「そんな口答えを親にしてないで、学校に行きなさい」などと、上から抑えつけるような言葉が出てしまうと、意見に対して、命令をしてしまった事になります。

親が意見を子供に言う事で、子供はそれを受け取って、どう感じ、行動するかを判断する材料に変換します。ですから、親は、自分の発した意見は、子供に対して情報になるという事を頭に入れておくことが重要です。

●親は過剰な対応をせず、子供自身が決めたことを、じっと見守る事が本人の為になる

子供が寝坊して、学校に遅刻してしまった事を、「私が起こさなかったのが悪い」と思う母親がいますが、それは違います。また、「どうして、起こしてくれなかったんだ」と子供が親のせいにすることでもありません。学校に通っているのは子供ですから、寝坊して先生に指導されるのも、子供の責任です。

ですから、子供が学校に行かないことで、将来困ったり、後悔する事があっても、本来は全て子供が背負えば良い事です。

不登校になる事は、困った行動ではありますが、他人に迷惑はかけていませんので、学校に行くか行かないかも、本人に決めさせて良いことです。

ところが、つい親は「学校に行きなさい」と言ってしまいますが、いくら言っても本人が行きたくないと思っていれば、無理に行かせても解決にはなりません。「行かなくては!」と思わないと意味がありません。

親が子供の将来と幸せを願う事は当然ですが、それは、子供が親の願い通りに生きる事ではありません。最終的にどうしたいのかを選んで決定する事は、あくまで子供の意思に任せる事が、原則です。

子供が、学校に行きたくないと言ったら、まずは子供とじっくり話し合いましょう。「何言ってるの?いいからとにかく行きなさい」と命令してしまうと、事態が悪化するばかりです。

また、逆に「行かなくて良い」と言うのも結果は同じになります。それは、学校に行くことも行かない事も、親が決めてしまっているからです。

「学校に行きたくない」と言われたら、まずは理由をきちんと聞きます。そのうえで、行かない事を了承する代わりに、「じゃあ、お父さんとお母さんは、どうすれば良いの?」と聞き返してみましょう。すると、「とにかくしばらくは学校を休みたいから、そっとしておいてほしい」などという返事が返ってくるはずです。

ここで、親は、「しばらくってどのくらい?」などと聞くのではなく、大変な事ではありますが、子供をただ見守っているしかありません。再び学校に行けるようになるまでには、数日という子供もいますが、時には数年かかる事も珍しくありません。

つい心配のあまり、「もう学校行った方が良いんじゃない?」と言ってしまうと、何にもなりません。そしてまた、「行きなさい」と言われて学校に行ける子供はとても少ないのが現状です。

もし、無理矢理学校に行かせて、それが成功したとしても、嫌な気持ちが強すぎて、勉強面で良い結果に結びつくとは考えられません。

さらには、学校には行ったとしても、自分の事は自分で決めて、責任を取るという事をやらなくなってしまう可能性もあります。結果として、さらなる問題を引き起こしてしまう事にもなります。

子供が決めなくてはいけない事は、子供に決めさせ、その責任も本人に背負わせます。親はじっと見守り、必要に応じて手助けをする程度でいる事が、長い目で見て一番子供の為になる方法です。

続きは以下をチェック!

子供が楽しみながら学べる遊びやおもちゃ

子供は楽しいと思えることなら、何でもぐんぐんと吸収します。また、創意工夫しようという想像力やその世界観は大人を驚かせます。今回は、子供が楽しみながら色々なことを学べる遊びについて、見ていきたいと思います。
http://kosotatu.jp/子供が楽しみながら学べる遊びやおもちゃ/

●トランプ遊びの駆け引きからコミュニケーション力を養う

トランプは、ダイヤ・ハート・スペード・クラブの4種の記号・各13枚のカードと、ジョーカーのカードから成り立つ、シンプルかつ世界で最も有名なカード遊びです。

数字と記号を使ったカード遊びですが、その遊び方は豊富です。七並べ、神経衰弱、大富豪、ババ抜き、スピード、ポーカー、ダウトなど何種類もの遊び方があります。

共通することは、どの遊びにも駆け引きがあるということです。

七並べは、カードを出す順番やパスをうまく使う必要がありますし、ダウトは周りにバレないようにウソをついてカードを出し、かつ相手のウソを見ぬかなければなりませんし、ポーカーなどは相手の思考を読んだり、表情から状況を伺ったり、駆け引きゲームの最たる例といえるでしょう。

相手の考えていることを想像したり、表情を読んだりする力は、大人になるにつれてより重要なスキルになります。特に社会に出た時に大いに必要とされるスキルであり、コミュニケーション能力を左右するスキルと言っても過言ではありません。

このスキルを養うためにも、子供の間にトランプを使った様々なカード遊びを経験しておくことは良いでしょう。

●トランプ遊びで論理的に物事をとらえる力を養う

では、うまく駆け引きをするにはどうすればいいのでしょうか?重要なのは常に冷静でいることです。感情で判断するのではなく、理性を働かすことが肝要です。理性を働かすということは、常に論理的な思考をすることが求められます。

例えば、今手持ちのカードとすでに出てしまっているカードを見て、残りのカードに何がどれくらい残っているのか、おおよその見当はつくはずです。

数学的に言うと、確率でものを考えると言えます。確率で考えると、「今このカードを出してはいけない」「賭けに出てはいけない」と冷静に判断ができます。

この「賭けに出ない」という発想が大事で、論理的に考えていたら明らかに勝つ確率は低いはずなのに、「勝てるかもしれない」と、一時の感情に流されてしまうことが往々にして多いものです。

一般的な賭け事、例えば競馬や麻雀、パチンコやスロットなどもそうで、確率よりも感情が先立ってしまい、負けてしまうことが多いのです。

相手の手の内を読んで、勝ち・負けを相手と競り合うことが、駆け引きの面白さであり、リスクでもあります。確率的に考えて勝てそうだったら、勝負にでて、負けそうだったら大きな賭けは控えておく、という冷静な判断ができれば問題はありません。

論理的に確率で考え、感情に頼らず冷静に理性で物事を決めることが習慣になれば、日常生活の中の様々な場面で、判断ミスが少なくなっていくはずです。

子供のうちにこのような思考の練習をしておけば、大人になって賭け事で痛い目に合うことは避けられますし、論理的思考は社会に出ても役立つスキルの1つです。

その他の遊びなど、続きは以下をチェック!

Copyright (C) 2015 子育ての達人 All Rights Reserved.