子育ての達人

子育ての達人の公式はてなブログです。妊娠・出産・育児・子育ての毎日を楽しくし、すくすく育つ子どもとニコニコママ・パパを日本に増やします。主に記事の更新情報等をお届けします。

対人関係に悩む子供たち

自分の体が臭っているのではないかといったように、実際にはそんなことはないのに本人だけが強固な思い込みを抱いてしまう疾患があります。自己臭妄想症と呼ばれ、思春期の子供がなることのある妄想症の一種です。こうした症状は、対人関係の悩みが症状となって現れてしまったものですが、その実態について見てみましょう。

質の良い二度寝を手に入れる為に必要なこと

二度寝はとても気持ちの良いものです。しかし、正しい知識を持っていなければ快適な二度寝を送る事ができません。また、5分10分の二度寝の背景には、しっかりとした主睡眠や目覚め方も関わってきます。二度寝を通して、自分の睡眠と向き合ってはみませんか?

読書感想文を、基本からほんの少しレベルアップさせたい時の書き方

普段は意識することもあまりないものですが、日本語というのはとても豊かで繊細な言語です。言葉や文法にほんの少しの間違いがあれば、意味が通じなくなることもありますし、ほんの少しの工夫があれば、逆に驚くほど豊かな表現ができてしまいます。読書感想文を書く時には、やはりそれなりの文章力や表現力を身につけておきたいものです。

摂食障害になる子供が増えている

昭和50年代ごろから、思春期の子供たち、特に女子の間で摂食障害を患う子供が増えてきました。摂食障害はいわゆる先進国と呼ばれる国々で多く見られる疾患で、バックグラウンドには痩せ志向や美食にふける風潮、そしてコンビニエンスストアの出現といったものがあるとされています。

一人っ子長男の恋愛・結婚を考えよう!

一人っ子長男とは、長男でなおかつ一人っ子である人のことをいいます。昨今、世の男性の大半が長男です。そして、一人っ子である割合も非常に高くなっています。一人っ子長男の恋愛において、どのような女性が合うのか、また、一人っ子長男を育てる上で、どのように関わればいいのかを見ていきましょう。

効果が確実な子供の貧困対策を探せ!

子供の貧困対策には様々な方法がありますが、どれが最も効果的なのでしょうか?日本ではまだ、その因果関係を明らかにするための研究が進んでいません。そこで、海外で行われた3つの研究事例をご紹介します。そこには、幼児期の教育によってその後の長い人生を豊かに送る、解決のヒントが散りばめられています。

超低出生体重児と母乳のかかわり

出生時に体重が2,500g未満の新生児のことを「低出生体重児」といいますが、その中でも出生体重1,000g未満の場合を「超低出生体重児」といいます。近年、この超低出生体重児に対して、早めに授乳を与え始めることで、メリットが得られることが分かってきました。どういったメリットがあるのでしょうか。

勉強したことを確実に記憶、理解するにはどうすればよいのか?

もし子供が「自分は物覚えが悪い」と落ち込んでいるなら、「悩む必要は無いよ」と教えてあげましょう。「人は記憶した事の約7割を24時間には忘れてしまう」といことが実験で実証されています。勉強をして、確実な記憶として定着させるにはどうすればいいのでしょうか?いくつか例を挙げて見ていきたいと思います。

子供が不登校になってしまったら・・・

思春期になると、子供の体や心には大きな変化が生じてきます。この時期はこうした変化が一生の中で一番たくさん起こる時期です。こうした変化は体や心のアンバランスを招き、感情面で不安定になったり、自立心の芽生えによって大人とその社会に対して反発を覚えたりと、この時期に特徴的な精神的動きを示します。いわゆる「不登校」が急に増えるのもこの時期です。

新聞は読むだけではなく、「使う」ことで真価を発揮する

新聞を読み、新聞を「使う」ことによって、私たちはあらゆる力を磨く事が出来ます。新聞には社会の情報の他にも、多くの事を私たちにもたらしてくれます。新聞が扱う事柄について知り、新聞に親しみ、社会を生きる糧としての新聞の使い方、新聞を活かす方法を考えてみましょう。

Copyright (C) 2015 子育ての達人 All Rights Reserved.