子育ての達人

子育ての達人の公式はてなブログです。妊娠・出産・育児・子育ての毎日を楽しくし、すくすく育つ子どもとニコニコママ・パパを日本に増やします。主に記事の更新情報等をお届けします。

子供の隠れた人間力を掘り起こせ!習い事の最新事情

かつての学歴万能社会は終結しつつあり、勉強だけでは社会で評価されない時代が到来しています。それに伴い、習い事の多様化が急速に進んでいます。今回は、習い事の最新事情を具体的に見ていきたいと思います。
http://kosotatu.jp/習い事の最新事情/

●2020年は教育改革が行われる年として、大きな注目を集めています。新しい学習指導要領では、小学校の段階からプログラミング教育を行うことが盛り込まれています。

プログラミング教育で育成される「プログラミング的思考」とは、自分が意図した処理をコンピューターに行わせるために求められる「論理的思考」を指します。これは、将来どんな仕事をするにせよ必ず必要となる力とされているため、プログラミング言語の知識やプログラミング技能を早期から身に付けて行くという方針です。

学校教育の大きな変更を受け、プログラミング教室を習い事として選ぶ流れが加速していますが、ここには一つ大きな問題があります。今の親の子供時代には、存在しなかった習い事であるため、プログラミング教育がどういったものであるか想像がつきにくく、また、教室の情報もほとんど持っていないのです。

●習い事としてのダンス教室は、年々人気が高まる傾向にありますが、この背景には、ダンスが武道とともに2012年から中学校で必修化されたことにあります。

中学のダンスの授業は、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」の3つに分類されており、表現や踊りを通して仲間とのコミュニケーションを深めたり、自己表現力が向上すると考えられています。

この中の「現代的なリズムのダンス」は、いわゆるヒップホップダンスのことです。親世代には全く馴染みがなく、家庭で教えられるものではありません。そのため、ダンス必修化が話題になり始めると程なく、ヒップホップ系のダンススクールが次々と開校し、親たちは我が子を送り込み始めました。

●プログラミング、ダンス以外では、キックボクシング、平成型そろばん教室、ボーイスカウトなどが人気を高めています。

●詳細はサイトの記事本文参照となりますが、プログラミングについて、少しだけ掘り下げて見てみましょう。まず、プログラミング教育の目的は、プログラマーの養成ではありません。プログラミング技術はあくまで手段であり、目的は子供達のクリエイティブな才能を開発することにあります。

ゲーム開発もロボット作りも、正解はありません。作る人が100人いれば100通り、つまりそれぞれの個性がストレートに反映されるもので、これはアートに通じるところがあります。つまり、プログラミング教室は、理系脳とアートが融合した習い事と言えます。

学校の授業で習ったことを全て暗記して、テストで100点を取ったからといって、将来の安泰は保証してもらえない世の中になっている今、自分を表現する手段を見つけることが非常に重要です。昔は勉強かスポーツの出来る子だけが脚光を浴びがちでしたが、これからはプログラミングを始めとした、様々な手段で輝く子供たちが増えてくるでしょう。

プログラミング教室では、夏休みなどに、1日完結型のワークショップを開催しているところが結構あります。いきなり教室に通わせるのではなく、まずはお試しで親子でワークショップに参加した方が、イメージが明確化するでしょう。

ワークショップでは、マリオのようなコンピューターゲームを作成したりします。低学年の子供や初心者であっても、スムーズにゲームが完成するように、マニュアル的なテキストが用意されており、ゲームの背景やキャラクターデザインを選ぶことで、きちんと作り手の意思が反映できるようになっています。

ゲームが完成するまで約3時間ほどかかりますが、参加した子供は集中を切らすことなく楽しんで作業しています。つまり、自分の考えを表現する楽しさは、子供を3時間も集中させるということです。

自分で考えたことを表現する喜びだけでなく、物事の仕組みへの興味も育まれる様子に、見学している親も満足している方が多いようです。

続きは以下をチェック!

受験生、就活生必見!感想文、小論文、自己PR文を上手に書く方法

読書感想文、小論文(大学入試など)、自己PR文(就職活動など)は、人生で避けては通れない代表的な文章かと思います。今回は、これら3つを上手く書くテクニックについて見ていきたいと思います。
http://kosotatu.jp/読書感想文、小論文、自己PR文/

●小論文は、大学入試の一科目にもなっていますが、多くの受験生は、小論文が苦手だと言います。その原因は、小論文自体をきちんと理解していないことにあると思われます。小論文は、何を求められているのかを理解した上で書けば、それほど難しくはありません。

「大学のレポート」と「大学入試の小論文」の違いは何だか分かりますか?

それは、激しい競争に置かれているかどうかです。大学のレポートには、激しい競争はありません。あったとしても、授業の単位が取得出来るかどうかくらいです。大学入試の小論文は、競い合う受験生の中の上位20%くらいに入る必要があります。

入試の小論文の採点者は、数多くの小論文を読んで点数をつけなくてはいけません。平凡な文章を書いていたのでは、採点者の目に留まることはないでしょう。受験生の80%の小論文は、平凡なものと言います。そうではない非凡な小論文は、20%くらいです。目を見張る小論文も中には存在します。

※優れた小論文を書く具体的なテクニックについては、長くなるためサイトの記事本文を参照ください。

●読書感想文は、文章を書くというスタートの一歩目としては、大変とっつきやすいものです。感想文など書かずに、本だけ読みたいと思うかもしれませんが、他の文章を書くためにも役立つことがたくさんあるので、実際に文章を書く練習のためには、読書感想文からスタートするのが良いのです。

読書感想文を書く時、まずタイトルを書くと思いますが、よく見かけるのは「○○を読んで」というタイトルです。皆が同じ本を読んだら、同じタイトルになってしまいます。このお決まりのようになっているタイトルでは、面白くありません。

「○○を読んで」と書いてしまうと、本が主役で、書き手が脇役になってしまいます。

そして、次に、あらすじを書こうとしてしまいます。そのあらすじも、本の最後にある解説の部分を写したようなあらすじです。読書感想文は、あらすじ紹介文ではありません。

読書感想文の主役は、まぎれもなく、書き手であるあなた自身です。本に主役の座を奪われないように、あなたが書きたいように書くべきです。本に屈することなく、自分の想いを自由に書くことを決して忘れないで下さい。

自分が主役になる読書感想文は、どのように書けば良いのでしょうか?

本について、「ここが面白かった」とか「ここが良かった」とか、本に従属する必要など全くありません。「この部分が私に刺激を与えてくれました」という感じで、本より自分が上の立場で書けば良いのです。

少し偉そうかな、傲慢かなと思うかもしれませんが、「私をここまで、その気にさせてくれるとは、このお話は大したものだなあ」と、自分が上の立場であることを崩さないで下さい。

本の著者が有名な人であっても、それは変わりません。著者をけなす必要はありませんが、好意を持ちながらも、あなたは図太く、生意気に、自分の好きなように感想を書くのです。

※読書感想文を書く際の具体的なテクニックについては、長くなるためサイトの記事本文を参照ください。

●自己PR文(自己分析文)は、就職活動において、履歴書と一緒に書類審査の対象となる大事な提出物です。これをクリアしなければ、面接を受けることも出来ません。自己PRは苦手とか言っていたら、今後の人生を左右する就職活動で出遅れてしまいます。

自己PR文は、練習もせずに初めから上手に書くことは至難の業です。事前にきちんと練習する必要があります。

まず手始めに、「自己PR」として、自分の個性、自分のよりどころとなるものを文章にしてみましょう。自己の存在を証明するものです。頭の中で考えるだけでなく、一度文章として書いてみると、実際に自己PR文を書く時に有効です。

そうは言っても、自分の個性やよりどころを書くという作業、言い換えれば「自分は何者なのか」という問いかけに答えることは難しいです。

人はいろんな面を持っていますが、初めからいろいろ書こうとすると失敗します。自分が重視したいポイントを1つに絞って、そこから話を広げていくと良いでしょう。1つに絞ったポイントについて、そこに「別れ」や「出会い」のエピソードを追加すると書きやすいです。

例えば、大きな失敗をして、それを回復するために、自分自身の努力ももちろんですが、出会いがあったり、時間が解決してくれたり、ラッキーなことが降りかかってきたり、何かが起こっているはずです。その間には、あなたの物語があるはずです。これを上手にまとめて書くのが基本です。

※優れた自己PR文を書く具体的なテクニックについては、長くなるためサイトの記事本文を参照ください。

詳細は以下をチェック!

Copyright (C) 2015 子育ての達人 All Rights Reserved.