子育ての達人

子育ての達人の公式はてなブログです。妊娠・出産・育児・子育ての毎日を楽しくし、すくすく育つ子どもとニコニコママ・パパを日本に増やします。主に記事の更新情報等をお届けします。

幼児のそばにいつも親がいれば、自立の土台を築ける

子育てのゴールは、子供を自立した大人に育てることです。そのための親の仕事は、生まれてすぐに始まります。まだ何も分からない小さな子供であっても、この時期に絶対にやっておかなければならないことがあります。それは、親がとにかくいつも子供のそばにいることです。それがどのような意味を持つのか見ていきましょう。

コラーゲンを摂っても肌はきれいにならない?!

一時期コラーゲンブームがあったこともあり、お肌のためにコラーゲンドリンクを飲んでいるという女性は少なくありません。ところで、本当にコラーゲンは肌をきれいにしてくれるのでしょうか?

おいしいジュースで楽しく「量」の概念を身に付けよう

算数というととかく「数」に目が向きがちですが、算数には「量」という分野もあります。幼児には数だけでなく量の概念も身に付けさせたいものです。これは教え込むより日常生活の中で楽しく自然と身に付けさせるのが良い方法です。具体的に見ていきましょう。

長期休暇こそ脳を育てる最高のチャンス!

子供にとっては楽しい夏休みや冬休みなどの長期休暇。でも親御さんにとってはちょっと苦痛…ということはよくあることですよね。でも、夏休みなどの長期休暇は、過ごし方によってはとても子供の脳を発達させてくれるものなのです。せっかくの長いお休み、子供の脳を大いに刺激してあげませんか?

朝食をきちんと食べて健康的にダイエット!

ダイエットのために朝食を抜いているという人はいませんか?1食抜けば確かに1日の総摂取カロリーは減るかもしれません。しかし、この方法は健康によくないばかりか、逆に太ってしまう可能性が高いのです。

小学生は親の導きが必要な時代

幼児の時はいつも親と一緒にいた子供も、小学生になるとガラリと環境が変わり、親子関係も幼児の時と同じではいられなくなります。小学生になったら、親はどのように子供に関わっていったらよいのか見ていきましょう。

きれいな字が書けるようになるための就学前の正しい準備

まだ小学校に入っていないうちから、ひらがなを書くことができる子供が増えてきています。最初から形を整えてきれいな字を書くことは、当然ながら無理なことですが、小学校に上がるまでにきれいな字を書けるようになっておくべきなのでしょうか?また、きれいな字を書くために、就学前からやっておけることはあるのでしょうか?

集中力だけではダメ!同時進行できる力もつけさせて

子供に集中力をつけさせようとしている親御さんはたくさんいるでしょう。しかし残念ながらこれからの時代に生きるには、1つの事に集中できる力だけでは足りません。それに加えて複数の事を同時にこなす力が必要なのです。

乳幼児期は親ができるだけ関わる

就学前までの子供、つまり乳幼児と呼ばれる子供には、親はどのように関わるべきなのでしょう。まだ何もわからない年頃なのだから、関わり方なんてそんなに重要じゃないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。幼いからこそ、やっておかなければいけない関わりがあります。

日常生活の中で分数の感覚をつかむ体験をさせよう

あなたは小学生の頃、算数が好きでしたか?苦手だったという方もいらっしゃることでしょう。お子さんが算数で苦労しないようにするには、生活の中で算数を使う場面を大事にすることです。小学生がつまずきやすい分数を例にとって、具体的に見ていきましょう。

Copyright (C) 2015 子育ての達人 All Rights Reserved.